フランチャイズ情報 > フランチャイズの加盟金

フランチャイズの加盟金

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支払うことになります。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称ということになります。
支払う時期によって大きく二つに分けられます。
内訳としては、契約締結時に支払う契約金、加盟金、加盟料などと呼ばれる金銭と、契約期間中に継続的に支払うロイヤルティです。

フランチャイズ料を性質で分けるとすると、商標などの使用料金とノウハウを与えることへの見返りの料金に分かれます。
一部では、更に立地選定料、開店準備金、開店指導料など色々な名目で別個の金銭徴収を行う事業本部もあります。

加盟金は事業本部によって、かなりのばらつきがあり、その決定方法は一定していないと言えます。
1970年以前に成立した日本式フランチャイズの加盟金は極めて低い傾向にあり、2000年前後に加盟を開始したフランチャイズの加盟金は高い傾向にあります。

加盟金の返還は、いずれのフランチャイズチェーンも返還しないことで一致しているようです。
しかし、加盟金の返還を巡る争いは決して少なくはありません。
裁判になっているケースもあります。

加盟金の金額が妥当かどうかは、なかなか判断に難しいところがあります。
加盟店になろうとする側がどのような価値観で本部を選ぶかということに委ねられます。
高い加盟金を支払ったとしても、加盟店側が十分に本部からの恩恵を受けることができ、それで納得しているのであれば妥当と言えるのでしょう。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom