フランチャイズ情報 > フランチャイズ加盟のメリットとデメリット

フランチャイズ加盟のメリットとデメリット

フランチャイズ加盟のメリットは、事業経験者でなくとも、本部から経営ノウハウの指導が受けられ、未知の分野でも開業可能なことです。
個人で開業するのに比べ、資金や経験が少なくても事業を興しやすくなります。
金融機関から融資を受けるときも、本部のブランド力で信用が高まります。
事務処理を本部が任せられる場合は、経営に専念することができます。
仕入れに関しての心配も、本部のフォローがあれば、良質な商品や材料を安定して仕入れることが出来ます。

フランチャイズ加盟のデメリットは、ロイヤルティの支払い義務が常にあることで、売上をすべて自分のものには出来ないことです。
本部と同一のイメージで事業をするため、独自の工夫がしにくく、本部の世間でのイメージがそのまま店の売り上げにかかわってきます。
本部側の質が良くないと、加盟店とトラブルを招く可能性が高くなります。
また、加盟店側の本部への依存度が高いと、これもトラブルの原因となります。

フランチャイズ加盟店は、直営店とは違い、本部とは別の事業者として独立した経営体です。
フランチャイズ加盟店となっても、自営業者です。
経営能力と主体性は必要です。
フランチャイズ加盟は事業の成功を保障するものではありません。
事業者本部も、経営に適した人を十分な審査のうえで加盟させる責任があります。

フランチャイズ加盟の成功の条件とは、本部がしっかりした経営体制であることです。
経営体制が未熟なフランチャイズチェーンに加盟しても、十分な指導が受けられなければ経営は破綻しかねません。
また、過剰出店をしているチェーンに加盟すると、同一チェーンで共食いを招くケースがあります。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom