フランチャイズ情報 > フランチャイズのシステム

フランチャイズのシステム

フランチャイズには、しっかりと公に定められたシステムが存在します。
そのシステムを定義しているのは日本フランチャイズチェーン協会です。

その日本フランチャイズチェーン協会において、フランチャイズとは、事業者が他の事業者との間に契約を結び、自己の商標などの標識および経営のノウハウを用いて、同一のイメージを持った事業を行う権利を与え、その見返りに一定の対価を支払うと言う関係であるとされています。

つまり、ウチと全く同じお店を出しても良いし、援助もするから、その代わり売り上げの一部を支払ってください、と言うシステムです。

これは本部-支部の上下関係とは違い、共同事業なので、そこに公的な上下関係はありません。
更に、共同経営でもないので、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はそれぞれ独立したお店であると言う事になります。
ここが大きなポイントです。

つまり、フランチャイズは開店に必要な資金を自分で投下する必要があるのです。
開店する為の費用は職種、店の規模によって大小ありますが、そこまで莫大な費用が必要なケースは殆どありません。
例えば、最もフランチャイズが盛んなコンビニエンスストアなどは、200~300万あれば開店できるのが一般的です。

これだけの額で一つのお店のオーナーになれるのが、フランチャイズの最大の魅力と言えるでしょう。
元々のブランドイメージが確立されているので、立地条件等によほどおかしなところがない限りは一定以上の集客も見込めるので、比較的楽に経営できると思われます。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom