フランチャイズ情報 > コーヒー店のフランチャイズ

コーヒー店のフランチャイズ

コーヒー店のフランチャイズで最も有名なのは、誰もが知っているであろう『スターバックス』です。

『スタバ』の愛称で親しまれ、日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこのお店も、フランチャイズによるチェーン展開を積極的に行っています。

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現在世界30ヶ国に展開する特大企業で、日本には1996年に第一号店を出展しました。
以降次々にフランチャイズ展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超えるまでに到りました。
それはつまり、各県に平均10を超えるスターバックスのフランチャイズチェーン店があると言うことです。

これだけ多くのチェーン店を出すと言う事は、それだけ成功している事の証であり、独立起業を目指す人にとって、このスターバックスのフランチャイズはかなり魅力的と言えるでしょう。

アメリカ発のサービス業と言う事もあり、経営方針から接客スタイル、店舗の衛生状態、商品管理などありとあらゆる項目がマニュアル化されているので、コーヒーおよび接客業に関する知識のない初心者でも問題なく運営が可能です。

また、コーヒー店のフランチャイズは『スターバックス』以外にも沢山あります。
主な例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェなどです。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom