フランチャイズ情報 > コンビニのフランチャイズ

コンビニのフランチャイズ

フランチャイズを行っている業者が最も多く、有効利用されているのは、コンビニエンスストアだと言われています。

実際、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、am/pm、ポプラ、デイリーヤマザキと言ったコンビニの大手はほとんどがフランチャイズ展開を行っており、各地方に募集を行っています。

コンビニにとって、フランチャイズは一つの方程式なのです。

そうなると、当然ながらインフラの整備、マニュアル化が徹底されています。

経営方針から掃除の仕方まで、お店を経営する上で行う活動のほとんどがマニュアルによって定められているので、自分で一から作る必要がないのです。

よって、独立起業を行う上では最も簡単で手軽に行えるフランチャイズと言えるでしょう。

コンビニを個人で運営していく場合、仕入れ品の選択、検品、在庫管理が最も重要です。

商品単価が高いとはお世辞にも言えない業種なので、商品を円滑に回し、無駄のない経営をする必要があります。

加えて、店舗の立地条件が利益に大きく関わってくる業種なので、立地場所の周辺がどう言った環境なのか、どんな客層が望めるのかをしっかりとサーチしなければなりません。

ただ、フランチャイズの場合、その辺のフォロー体制もしっかりと整っているのが通常なので、敷居を高く感じる必要はありません。

アルバイト管理やシフト体制の整備などのノウハウに関しても細部まで享受されるので、知識のまったくない状態でも運営できる分野なのです。


フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom