フランチャイズ情報 > フランチャイズの意味

フランチャイズの意味

街には軒並み増えるコンビニエンスストアや外食産業の店。

それらの店舗の名前と同時によく耳にするようになったのが「フランチャイズ」と言う言葉ではないでしょうか?

フランチャイズとは何の意味かご存知ですか?

よく耳にはする言葉だけれど、意味はよくわからないと言う方も多いと思います。

最近ではよく「コンビニエンスストアの経営者募集」の文字の入った新聞広告を目にすることがあります。

その広告に目を通してみると「フランチャイズ」の文字が載っています。

フランチャイズとは、簡単に言うと、「加盟店」に属する店舗経営と言う事になるでしょうか。

フランチャイズは、経営者が、本部であるフランチャイザーと契約し、加盟金を支払うことで加盟店(フランチャイジー)として店舗を持つ事ができます。

加盟店は、本部からの指導を基に本部と同じスタイルのお店を経営していきます。

本部としては、加盟者の資本や労働力を利用することより、事業を発展させていくことができますから、より幅広い事業展開に繋がります。

加盟店としては、店舗の知名度や、経営のノウハウを借りて、自分の店が持てると言う事になりますから、ゼロからのスタートに比べたら、比較的有利に経営が出来るのです。

フランチャイズとはこう言った、相互間の利益を伴った経営方法として、広まっています。

ただしフランチャイズには法律的な定義は無いため、店舗運営委託、または代理店、ボランタリー・チェーンと呼ばれるものもフランチャイズのシステムとされているようです。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom