フランチャイズ情報 > ローソンのフランチャイズ加盟店募集

ローソンのフランチャイズ加盟店募集

ローソンではフランチャイズ店舗オーナーを募集しています。

ローソンのフランチャイズシステムは3つの契約タイプに分かれます。
FC-C5タイプとFC-Gタイプは土地や建物が用意できない方に、既存の店舗や新規オープン予定の店舗をローソン側が用意し、店舗オーナーとなるシステムです。
FC-B4タイプは、オーナーが土地と建物を用意し、また店舗建設と内装費用もすべて負担するシステムです。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの役割は、3つあります。
一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をすることです。
二つ目は、商品の発注をしたり、お店の販売促進を行うことです。
三つ目は、売上と経費の管理です。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修があります。

ローソンでは本部と店舗を結ぶ情報管理システムがあり、店舗運営に必要な情報を店舗に提供することで万全のフォロー体制をとっています。
会計業務は本部が行いますので、店舗オーナーは経営に専念することができます。
スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の存在も強い味方です。
スーパーバイザーは、いろいろな情報分析をして、店舗への運営に関する助言や指導を行ってくれます。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数が多く、商品を安定して仕入れることができます。

ローソンでは全国各地で経営者説明会を開催していますので、まず説明会に参加して、フランチャイズシステムの概要説明を受けましょう。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom