フランチャイズ情報 > 拡大するフランチャイズビジネス

拡大するフランチャイズビジネス

日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高ともに右肩上がりです。
小売業や外食産業、サービス業など、街にはさまざまなチェーン店を目にすることができます。
フランチャイズビジネスが社会において果たす意義は大きくなっています。
フランチャイズに加盟することで個人の事業参入が容易になり、雇用の拡大にもつながりました。
個人事業では少ない期間で客から信用を得ることは難しいですが、フランチャイズ本部のブランド力や経営ノウハウを利用して信頼性を短期間で得るのが容易になります。
本部の持っているオンラインなどの近代的なシステムを利用することにより、効率的な手法を用いてスマートなビジネスを行うことが少ない資金でも可能になります。
また、フランチャイズビジネスが拡大することによって、日本全体の経済の活性化にもつながります。
消費者側にとっても、ブランド力と話題性、ブランドの信頼性により、購買欲が拡大し、景気の上昇にもつながります。

フランチャイズビジネスの課題としては、フランチャイザーのフランチャイジーへの情報開示です。
フランチャイザーの経営状況や契約条件をフランチャイジーに情報開示することが法律で義務づけられています。
実際には、説明責任を果たしていないフランチャイザーも存在します。
経営指導を十分に行わないフランチャイザーも存在します。
フランチャイザーを選択するときには、フランチャイズ契約の説明を十分に受け、十分に理解した上で選択するようにしましょう。

フランチャイズチェーンの加盟店になるにはフランチャイズシステムへの理解と同時に、経営知識も必要です。
確かに、フランチャイザーからのサポートを受けられ、経営の経験がない方でも事業を始めることは出来ますが、独立した事業者であるという認識が必要です。
フランチャイジーはフランチャイザーとは別の事業者であって、経営の自己責任があります。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom