フランチャイズ情報 > 効率的なフランチャイズのシステム

効率的なフランチャイズのシステム

フランチャイズシステムは、フランチャイズチェーンを行う事業者(フランチャイザー)と、フランチャイザーに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を行います。
フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、その他の標識の使用を認めます。
フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導し、フランチャイジーはフランチャイザーに対価としてロイヤルティなどの契約金を支払います。

フランチャイズシステムのフランチャイザーにとってのメリットは、直営店を開設するよりも少ない資金で店舗数の拡大をするのが可能なことと、優秀な人材を短期間で集めるのが可能なことです。
店舗の出店に必要な資金を加盟店に払わせることができ、事業拡大資金の節約になります。
従業員の雇用もオーナーに任せることができ、時間とコストの削減になります。
投下資金も短期間で回収できるというメリットがあります。

フランチャイズシステムの、フランチャイジーにとってのメリットは、開業が短期間で効率的にできることと、フランチャイザーのブランド力や経営ノウハウを利用できること、成功できる確率が高くなることなどです。
本部のブランド力で競合店との競争力もあり、人材も集まりやすくなります。

商品を売る事業では、商品や材料が命ですが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと安定した仕入れが可能になります。
販売促進や商品への付加価値はフランチャイザーが行うので、そのメリットを受けながら経営に専念することができます。

フランチャイズシステムはデメリットもありますが、とても合理的な事業システムと言えるでしょう。

フランチャイズを募集している企業に、
簡単に資料請求(無料)ができます。
リクルートが運営するアントレnet
RSSAtom